忍者ブログ

zzz

ZBrushであそびましょう

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年12月2日発売の『 空飛ぶモンティ・パイソン40thアニバーサリーBOX《フィギュア付・完全限定生産》[DVD] 』付属の特典フィギュアの原型製作を担当させていただきました。

こちらが原型の3Dデータ画像です

JohnCleese-6.jpg
































JohnCleese-1.jpg
































© 2009 Python (Monty) Pictures Limited. All Rights Reserved.


普段名前は出さないで黒子に徹しているのですが、今回は久しぶりに名前が出る仕事でした・・・・・・・

ZBrushを使って、デジタル原型で作っています

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント様のご厚意でメイキングも公開することが出来ましたので、こちらも是非ご覧下さい

デジタル造形工房 WORKROOM ORITA - gallery2 - モンティ・パイソンDVD特典フィギュアの出来るまで
http://orita.client.jp/gallery2_pythons.html

アマゾンで格安で買うことも出来ます↓



全話収録で権利上の問題で、今回限りの限定フィギュア付きなのでお買い得だと思います
ぜひ!

PR

不安定すぎるのと、リダクションのプラグインが使えないので、仕事では3.1を使い続けてます

ZSphere2は形状がほぼそのまま投影されるので良い感じです

待望の新機能Zスケッチは・・・・・・・おいら的には要らないかなと・・・・・・・・
制御が難し過ぎて初心者に扱うのは無理がある(おいらでもできないよ)のと、ある程度モデリングに慣れている人はZSphere2でサクサク形状を作り出せるだろうからです
1時間も弄ってたらこれは違うと思った・・・・・・・(汗)

ポリゴンに縛られるのがいやな人は別のソフトになってしまいますが、比較的安価な3D-COATを使うと良いと思います

ボーン機能は相変わらずで、早くちゃんとしたの付けて欲しいです

不安定なのは何か特定の動作をすれば落ちると言うよりは、突然何の前触れもなく・・・・・といったかんじでさいあくです
ポリペイントをしてたり、マテリアルを変更したりしてパレットが開いた瞬間にフリーズして落ちることもあったなぁ
とりあえずまだまだ不良品
GoZより先に普通に落ちないようにしてくださいー

Introducing ZSpheres II
http://www.pixolator.com/zbc/showthread.php?t=073956

こうきましたかー
ポーズ変えながらモデリングっていうのは実はフィギュア製作では良くやることなので前から欲しかった機能(Wing3D(だっけ?)とかもよかった)
ポーズによって誇張する部分とか変ってくるので、最初の塊の状態で決められると良かったりするのです
この辺りはやっぱりスタッフに実際造形やったりする人間が関わってるからでしょね
あとはリトポを自動化(ある程度でも)してくださいー

しかし2の頃からずいぶんと変って来ましたね

◎ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ フリーエリア
◎ 最新CM
◎ プロフィール
HN:
orita
HP:
性別:
男性
職業:
デジタル原型師
趣味:
らくがき
自己紹介:
ZBrush3.1で立体出力中

使用ソフト:ZBrush3.1 , Metasequoia , Rhinoceros4.0 , 3d-Cort , SRP Player Pro
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
◎ お天気情報
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]